アメブロ使い方~デザインのレイアウトを変更しましょう(詳細手順あり)

最終更新: 2018年11月8日

最終更新: 25分前


アメブロは全体のデザイン変更だけでなく、本文とメニューの位置を変更したり、記事の表示方法を変更することなどもできます。


1.カラム構成を変更してみましょう

「カラム」というのは、本文とメニューの単位と考えてください。箱みたいなものですね。これを、アメブロが表示される画面全体で3つに分けるか2つに分けるか、位置についてもいくつかのパターンから変更が可能です。下の画像では、「2カラム・右メニュー」を設定しています。本文が左側に、メニューの箱が右側に来るレイアウトになります。



2.記事のレイアウトを変更してみましょう

アメブロでは、通常の最新記事表示(本文がそのまま出てくるタイプ)は、「スタンダード」と呼ばれています。

スタンダードタイプは、タイトルと本文がそのまま目に入るので、最新記事の内容がわかりやすく、そこからさらにクリックやタップをしなくてもそのまま読める利点があります。


これ以外に、「タイル」「リスト」タイプがあります。

タイルは記事に使った画像が大きく出るため、画像中心のブログに向いています。リストは本文の冒頭が表示されるので、たくさんの記事の中から読んでもらいたい記事を探してもらう時に向いています。


タイルとリストを選びたい場合は、デザイン一覧の下の方にあるリンクをクリックすることで、対応したデザインを絞り込むことができます。



3.「タイル」デザインの表示を見てみましょう

「タイル」デザインは、記事の中に画像が入っていることが前提になっています。画像から記事に誘導したい時におすすめです。

インパクトは大きいですが一度に目に入る記事数が少ないため、多くの記事をまとめて見せたい時には不向きです。



4.「リスト」デザインの表示を見てみましょう

「リスト」デザインは、本文と画像のサムネイルがリスト表示されます。記事が多い時などにおすすめです。

タイトルと画像、本文の冒頭が表示されるため、このタイプを選ぶ時はブログの書き出しに注意すると、より効果的に使うことができます。



アメブロのカラム構成と記事の表示方法の切り替えについて見てきました。カラムを変更すると、すでに記事に使っている画像が本文からはみ出す場合などもあるので、変更する際にはプレビューをよく確認しましょう。


また、タイルとリストに対応したデザインは、アメブロデザインの一部となります。使いたいデザインが対応していない場合はスタンダードで利用するか、別デザインを利用しましょう。